まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(只今日本滞在中)

まるころブログ。

【パリ協定の存在意義】地球温暖化の原因ってなんだろう。

 

初めてiPhoneで書いてます。

 

トランプ大統領がパリ協定の離脱表明をした。それに反して、アメリカでは州ごとに独自でパリ協定を履行する流れにある。

 

パリ協定とは簡単に言うと地球温暖化の加速を防ぐためにできることをしていこう!というもの。

 

そりゃ地球温暖化を止められるなら止めた方がいいに決まってる。そう考えると、トランプ氏の行動は意味不明なように思えるが、実際のところどうなのだろうか。

 

もし、地球温暖化の主な原因が二酸化炭素などの人口廃棄物ではなく、地球という惑星の自然現象だとしたら、私たち人間にできることはなにもないだろう。だとしたらトランプ氏の離脱表明も、無駄な予算の削減として理解できる。

 

しかし、地球温暖化の原因が地球の自然現象だとしても、それを証明することはかなり難しいだろう。そんな原因を明白にできない現状だと、できる限りのことをやってみることも大切である。そう考えると、その原因が地球の自然現象の可能性があったとしても、パリ協定の存在意義は大きい。

 

 

ここで論点となるのは

  • 地球温暖化の原因が人為的なものである可能性はどれほど高いのか
  • パリ協定で定められた地球温暖化対策にかかる予算はどれほど高いのか

の2点だ。

もし、原因が人為的なものだとはっきりしているのなら、パリ協定を否定する理由などどこにもない。

逆に、もしもパリ協定の内容がかなりの費用を必要とするものなら、試しにやってみる程度の目的でその内容を施行することは許し難い。

 

ではこの2つの論点を見ていこう。

 

1.地球温暖化の原因は人為的なもの?

地球温暖化の原因とは。一般的には、工場や車などが排出する排気ガスが主な原因と言われているが、実際のところはどうなのだろうか。

そもそもパリ協定とは、地球温暖化の原因がこれらの人為的なものであるという前提の上に成り立っているので、この因果関係を証明できない限り、パリ協定の存在意義を問われても仕方がない。

 

筆者なりにネットサーフィンしてみたところ、Wikipediaにだいたいまとめてあった。

地球温暖化の原因 - Wikipedia

このページによれば、地球温暖化の原因が人為的なものである、ということは多くの学者が言っていることで、それらのデータを高等組織でまとめ上げたところ、90%の可能性で地球温暖化の原因は人為的なものと言えるらしい

しかし、気になるのは100%ではないということ。どのサイトを見ても、地球温暖化の原因が人為的なものである、と断言しているところはなく、大抵、語尾に「と考えられる。」などのぼやかしが入っている。

つまり、地球温暖化の原因が人為的なものであるということは誰にも証明できないのだ。とはいえ、90%という可能性はかなり高いものであり、陰謀でもない限りは、このデータを信じて行動するのが妥当だろう。

と考えると、やはりパリ協定の存在意義が見えてくる。世界中の学者、や政治家が90%の可能性で原因は人為的だと言っているのだから、素直にパリ協定には従うべきである。

 

2. パリ協定の予算??

筆者のリサーチ能力では正確な情報にはたどり着けなかった。(めんどくさかった)

しかし、英語で調べていたところ、いくつかのサイトで、"modest"という単語を見かけた。

"modest"は、設定などが「控えめな」、という意味で和訳される形容詞である。多くのサイトでは、「パリ協定にかかる費用は"modest"だ」と述べられていた。つまり費用は控えめということだ。

控えめってなんだよ!!!

明らかに濁している。おそらく実際はかなりの費用がかかるのだろう。

と思い、パリ協定で実際にどんな地球温暖化対策をしていくのか、パリ協定の具体的な内容を調べて見た。

が、なんか曖昧!産業革命からの温度上昇を2℃までに抑えるのが目標らしい。それを達成するためには、協定国がそれぞれの国が抱えた課題を解決するように、策を練っていかなければならないらしい。そして、その策がはっきりしてない!

1例として、日本は2050年に80%削減とかいっているが、具体的な方法はどこにも(たぶん)明記されていない。「自然エネルギーを使っていく!」なんて言ってるが、どのような自然エネルギーをどのように使っていき、どのくらいの予算が必要なのか、教えてくれないと、何もいえない。

まあ、トランプ大統領が、パリ協定離脱表明のスピーチで言っていたように、パリ協定の目標達成のためには莫大な費用がかかることは間違いないだろう。どの協定国も、いままではやっていなかったことを国単位でやり始めなければならないのだから、予算が高くなるに決まっている。

と、予算の視点から見ると、このパリ協定に莫大な予算をかけるのなら、トランプ大統領がいっていたように、雇用などの必要としているところに回せば経済が潤うだろう

しかし、私たち人間はこの地球に住まわせってもらっているわけであり、もし私たち自身がその地球を破壊しているという事実があるのなら、経済の発展よりもなによりもまず、全ての基盤である地球を守らなければならない

 

 

 

まとめ

ここまで、筆者なりにパリ協定の存在意義について分析してきたが、曖昧な点が多くて、まとめを書いてる今でもモヤモヤしている

空き時間にiPhoneで書いたので、筆者のリサーチ不足にも問題があるとは思うが、これだけ話題になっているのだから、パリ協定についての具体的な情報を一般人がもっと簡単に知れてもいいんじゃないかと思ってしまう。

 

ここからは筆者の個人的な意見だが、筆者はパリ協定に従うことはかなり私たちのためになると思う

パリ協定が地球温暖化問題の直接的解決に繋がるということは証明不可能なようだが、もしパリ協定に従うことが天然資源の削減に繋がるのなら、それは必ず私たちにとって利益になる

今現在でさえ天然資源の枯渇が問題になっているのだから、近い未来に天然資源が底を尽きることを想定すると、今の内からパリ協定のような国際的な政策で、天然資源を節約することはかなり重要になる。

私たちの未来と地球の環境はいくら予算をかけてでも守り抜かなければならないものだと、筆者は思う。

これを踏まえると、やはり、トランプ大統領の離脱表明は、衝撃的なものである。

 

 

 

 

だれか、地球温暖化の原因はっきりさせて〜