まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(只今日本滞在中)

まるころブログ。

まるころのサポート2。- バトンタッチ

まるころ使いが乗り越えなければならない、最大火力到達までの6ターンの壁。この6ターンを耐えしのぐのはかなり難しく、いくら耐久力の高いポケモンでも、サポートがなかったら不可能に近い。

この6ターンの重要性は以下の記事で詳しく紹介している。

www.marukoro7.com

 

この記事内に書かれているように、6ターンをどうにかするには耐久力と素早さが重要になる。そんな課題を直接的に解決しようとしてまず思いつくのが、「バトンタッチ」だ。

 

バトンタッチって何?具体的にどんなことすんの?

バトンタッチとは、言わずと知れたポケモンバトルの技で、自分の能力変化をそのそのまま交代先に引き継げる

おそらくバトンタッチ使いとして一番有名なのはバシャーモだろう。特性の加速で素早さをあげ、剣の舞やビルドアップで他の能力も容易に上げることができる。ランクアップした攻撃と素早さを厨ポケと呼ばれるポケモン達に引き継いでしまえば、相手はそいつを止めることができなくなり、3タテも簡単に成功する。

また、「バトンタッチ」はマイナーポケモンを活躍させる上で、かなり有力な手段だ。足りない数値をカバーすることができる。

まるころを使いも、耐久力があって素早さが足りない、もしくは素早さがあって耐久力が足りないというポケモンが多いので、そのようなポケモンを活躍させるために「バトンタッチ」は必要になる。

相手の上から攻撃し、相手の攻撃も余裕で耐え抜く。これを実現できるのが「バトンタッチ」だ

スポンサーリンク

 

まるころのサポートしてのバトンタッチ

耐久力はあるが素早さが足りないまるころ使い。

https://vignette3.wikia.nocookie.net/pokemon/images/6/61/Snorlax_XY.gif/revision/latest?cb=20141214200102カビゴンhttps://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/2/2d/208Steelix_XY_ShinySprite.gif/revision/latest?cb=20141016130635ハガネール

https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/2/2a/MSteelix_Shiny_ORAS.gif/revision/latest?cb=20141216135202メガハガネールhttps://vignette4.wikia.nocookie.net/pokemon/images/5/51/Wailord_XY.gif/revision/latest?cb=20141123185620ホエルオー

https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/5/50/Lickilicky_XY.gif/revision/latest?cb=20150219040825ベルトルト

などがいるのだが、どいつもこいつも素早さが異常に低い。カビゴン-30、ハガネール-30、ホエルオー-60、ベロベルト-50。カビゴンとハガネールに関しては素早さ無補正無振りだと6段階上昇でやっと最速130族と同速になる。6段階上昇はあまり現実的ではないのでカビゴンとハガネールは選択肢から外れる。

ベロベルトは性格を陽気にすることでかなりのポケモンの上を取れるようになる。例としては、陽気素早さ努力値52振りで、素早さ+2で100族、+3で135族抜きになる。2、3段階上昇なら割と現実的なのでベロベルトは検討の価値がある。

ホエルオーは無補正でも素早さ努力値に32割くだけで、+2で100族、+3で135族抜きにまでなる。こちらも現実的だ。

しかし、ベロベルトとホエルオーでは耐久力が少し足りない可能性が高いので、3ターン耐え抜くためにバトンタッチ以外の壁貼りなどのサポートも必要になる

 

そしてバトンタッチを使うポケモンだが、素早さを上げることが目的なので、やはり特性「加速」のポケモンを使うのが無難だろう。特性「加速」でバトンタッチを覚えるのは、

https://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/9/9e/Blaziken_XY.gif/revision/latest?cb=20140826212446 https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/d/db/Ninjask_XY.gif/revision/latest?cb=20141213171222 https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/8/8b/Scolipede_XY.gif/revision/latest?cb=20140811195525

の3体。テッカニンは異常に耐久力がないので、使うとしたらバシャーモかペンドラーだろう。またバシャーモは命中率を上げる「つめとぎ」や防御を上げる「ビルドアップ」を使え、ペンドラーは防御を一気に上げる「てっぺき」を使えるので併用必須だ。

基本的に相手の攻撃を一回でも耐えることができれば、「守る」と合わせて最低でも+3段階は素早さをあげられるのでベロベルトやホエルオーを活躍させることもできる。また、バシャーモのビルドアップ、ペンドラーの鉄壁を考慮すると、ベロベルトやホエルオーなどの高耐久バトン先は特防に努力値を割くのがいいだろう。

 

素早さはあるが耐久力が足りないまるころ使い

https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/8/8b/Scolipede_XY.gif/revision/latest?cb=20140811195525 https://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/b/bb/Typhlosion_XY.gif/revision/latest?cb=20140629130324 https://vignette4.wikia.nocookie.net/pokemon/images/e/ee/Miltank_XY.gif/revision/latest?cb=20150201053016

くらいしかいない。しかもバクフーンとミルタンクの素早さは100なので、全抜きをするには足りない。となると考察するのはペンドラーしかいないだろう。

ペンドラーの耐久種族値はHP-60 防御-89 特防-69。んーひどい。防御はまあまああるかもしれないが、特防はひどい。これで3ターン耐え抜くのは不可能に近いだろう。

 

ということで耐久を底上げできるバトンタッチ使いを探していく。耐久力を底上げできる技として、「コスモパワー」「たくわえる」を考察する。

「コスモパワー」と「バトンタッチ」の両方を覚えるポケモン

https://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/f/f8/Delcatty_XY.gif/revision/latest?cb=20140728153232 https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/2/26/Lopunny_XY.gif/revision/latest?cb=20150201053010

だけ。かわいいけどバトン要因としてはちょっと...

「たくわえる」と「バトンタッチ」の両方を覚えるポケモン

https://vignette1.wikia.nocookie.net/pokemon/images/f/fe/Mawile_XY.gif/revision/latest?cb=20140608160516 https://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/d/db/Drifblim_XY.gif/revision/latest?cb=20140718050450 

だけ。この中だと「ちいさくなる」も覚えるフワライドが一番使いやすそう。まあ「ちいさくなる」を採用するならそれだけで十分なきがするので、そもそも、素早さが高いポケモンの耐久力をバトンタッチで底上げするのはあまり上手いやり方ではないのかもしれない

 

回避率を上げて運ゲー突破

回避率を上げて、相手の攻撃を受けずにころがる最大火力まで耐え抜く運ゲースタイル。

バトン先のまるころ使いはなんでもいい。

肝心のバトンタッチ要因はバシャーモかフワライドがいいだろう。

フワライドを使うのなら上で書いたように「ちいさくなる」を積んでバトンタッチ。あわよくば「たくわえる」も使えるといい。また、第7世代ではエレキシードなどの◯◯シードというアイテムも流行っているようで、フィールドソースさえあればフワライドを場に出すだけで、防御か特防を1段階上げることができる。

 

バシャーモは筆者が育成済み個体を持っているので紹介する。

https://vignette2.wikia.nocookie.net/pokemon/images/9/9e/Blaziken_XY.gif/revision/latest?cb=20140826212446バシャーモ @マゴの実

性格:ずぶとい  特性:加速

技構成:かえんほうしゃ/かげぶんしん/バトンタッチ/みがわり

努力値:H140 B236 S132

あ、はいパクリです。

teaparty.hatenadiary.com

t/Tさんのこの記事のバシャーモを丸パクリさせてもらった。 本当に使いやすかった。詳細も全部この記事に書いてあるので参考にしてくれ。

起点作りはなんでもいいと思うが、筆者は読まれにくい砂かけ電気玉投げつけるガブを使っていた。そのうち紹介する。

このバシャーモは強いのだが、欠点もある。使っていてめちゃくちゃつまらない。相手が技を外すまでみがわり連打。つまらない。

 

まとめ 

耐久力はあるが素早さが足りないまるころ使い、素早さはあるが耐久力が足りないまるころ使い、回避率を上げて運ゲー突破の3つのバトンタッチの使い方を考察してきたが、実用性があるのはバシャーモのビルドバトンか分身バトンだろう。結局バシャか...まあバシャーモはいつでも頼れるやつだ。

 

 

 

てか、バトン先弱すぎいいいいいい

 

 

次回は拘束技によるサポートについて↓

www.marukoro7.com