まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(只今日本滞在中)

まるころブログ。

【英会話】日本国内で英語を習得したいなら"レパートリー"を増やせ!

まず、言わせてください。

英語を話せるようになるために海外に行く必要は

ありません!

日本国内でいいんです。

 

英会話習得のためにはとにかくレパートリーを増やすこと!!

重要なのはこれだけ。

 

スポンサーリンク

 

 

日本にいても海外にいても変わらない理由

ぶっちゃけ日本にいたって海外にいたって同じ。結局は本人が努力しないと英語を話せるようにはならないんですよ。

 

とは言っても海外に行くことのメリットは2つある。

  • 英語を使わざるを得ない環境だから英語の”勉強”を続けやすい

まずはこれ。英語話さないと生きていけないような環境に身を置けば、日本で英会話の”勉強”が三日坊主になっちゃう人でも英会話を”勉強”するようになるのよ。まあ実際最近は海外でも日本語使えたりするみたいだけど、それに甘えたら終わり。

  • 英会話を”実践”する機会が多い

そしてこれ。英会話を”実践”する機会が多いの。英語を使う機会が多いってこと。当たり前か。ただ、”実践”する機会が多ければ英語話せるようになると思ってる人いるかもしれないけど、それは間違い。ただの思い込み。”勉強”してからそれを”実践”して初めて英語が身につく

 

何が言いたいかって、

日本にいても英会話できるようになるってこと(ドンッ)

 

あれ、よくわからないって?

じゃあもう少し詳しく説明するよ。

海外に行って英語が話せるようになる人が多いのは上で言った2つのメリットがあるから、これは理解してもらえたはず。

そこでよく考えて欲しい。この2つのメリット、日本にいてもどうにかなると思わない??

なるんですよ!!

はいじゃあもう一度海外行くことの2つのメリットを振り返ってみましょう。

  • 英語を使わざるを得ない環境だから英語の”勉強”を続けやすい

はいこれ、努力次第でどうにでもなるね。日本にいたってやる気があればいくらでも”勉強”できるんで。本気で英語習得したい人ならこんくらいできるはず。

  • 英会話を”実践”する機会が多い

日本にいたら英語を話す機会がないって??

機会作れよ!!!

今時オンライン英会話でいつでもどこでも英語を話せる時代やん。活用すればいいのに。

お金かかる??は〜?留学するよりだいぶ安く済むと思いますけど。

日本国内でも英会話を”実践”する機会なんていくらでも作れるんだから作ればいいのよ。

 

海外に行く2つのメリットは日本にいても努力次第でどうにでもなるってことがわかった。

だから、日本にいても英会話はできるようになるってこと。

はい証明終了。Q.E.D. 

 

筆者の唱える「レパートリーを増やす」英語学習論

「レパートリーを増やす」英語学習論 概要

これについてはこの記事で書いたのでそのまま引用する。

日本にいたって、高級なバーに行ったことがない人は高級なバーでの注文の仕方なんてわからない。なぜならその人は高級なバーで使う日本語のレパートリーをまだ持ってないから。高級なバーに慣れるには、最初は自分で調べるなり、他の人の真似をするなりして、注文の仕方を学ぶ必要がある。それで回数を重ねることで、自分の中に「高級なバーでの注文の仕方」という日本語のレパートリーが出来上がる。

 

英語だって同じ。英語で挨拶したことない人に、英語での挨拶の仕方がわかるわけがない。その人は英語ができない訳でも、文法力がない訳でもない。ただ英語での挨拶の仕方のレパートリーを持っていないだけ。英語での挨拶の仕方を自分で調べて覚えておけば、英語での挨拶の仕方に困ることはなくなる。つまり、「英語の挨拶の仕方」というレパートリーを持っておく必要がある。

 

お店で買い物をするのにも、友人と話すのにも、プレゼンテーションをするのにも、何をするのにもレパートリーが必要で、その場面のレパートリーを持ってない人はそれに対応できない。

 

このレパートリーの考え方こそが、留学すると英語の上達が早いと言われる所以で、たくさんの場面の英語のレパートリーが日常生活に溢れてるからこそ海外に行くことが英語学習には良いって言われるわけよ。

 

でも海外にいるだけじゃ英語は上達しない。上の例でも挙げたけど英語での挨拶の仕方を知らなかったら挨拶すらできないんだから、 事前に挨拶の仕方のレパートリーを頭に叩き込んでおかなきゃいけない。自分で事前に勉強して英語の場面ごとのレパートリーを増やしておけば、実際にその場面になった時に対応できる。まあ別に事前である必要はない。知らない場面に遭遇してからその場面の勉強をするのもおk。それからその場面の経験を実際に積むことで、その場面のレパートリーが本当に身につく。

↑これが「レパートリーを増やす」英語学習論(←なんかもっとかっこいい名前ほしいなあ)

簡単に言うと、ちまちま文法とか単語とか勉強してないで場面ごとの英語のフレーズのレパートリーを増やせ、ってこと。

まあこの引用はよく読んでほしいです

”勉強”と”実践”の神サイクル

ちなみにここまで、”勉強”と”実践”をやたら強調してきたけど、

「レパートリーを増やす」英語学習論においてこの2つはめちゃくちゃ重要な考え方。

まずそれぞれの意味だけど、

  • ”勉強”=ひたすら英会話の場面ごとのレパートリーを増やすこと
  • ”実践”=実際に覚えたレパートリーを駆使して英語を話すこと

それで”勉強”→”実践”の流れを繰り返すことで英会話を習得できる。

”勉強”するだけじゃ意味がない。

”実践”するだけでも意味がない。

2つで1つなんですよ。

 

 

これを読んで納得してくれた人はこれから筆者が教える具体的な英会話の”勉強”方法と”実践”方法を試してみてください。 

 

”勉強”方法(レパートリーの増やし方)

1. 瞬間英作文を使った英会話のレパートリーを増やす勉強法

英語初心者は最初は瞬間英作文一択!!

中級者にも上級者にもオススメだぞ!!

瞬間英作文こそが英会話学習者の入り口。

超単純作業だけど誰でも気軽に始められるのが強み。効率もいい!

詳細はこの↓記事で

www.marukoro7.com

2. Huluを使った英会話のレパートリーを増やす勉強法

楽しく英会話習いたい人はHulu一択!!

洋画好きもここからスタート!!

楽しみながら英会話の勉強ができるのがHuluの強み。

効率は他の勉強方法より悪いけど、楽しいんだからいいじゃない!

詳細はこの↓記事で

www.marukoro7.com

3. Podcastを使った英会話のレパートリーを増やす勉強法

最強の効率を求める人はPodcast一択!!

中級者、上級者はひたすらこの勉強方法でさらなる高みへ!!

好きな場面ごとにレパートリーを増やせるのが強み。

ちょっと他の勉強方法よりレベルは高いけど、効率の良さは圧倒的!

詳細はこの↓記事で

www.marukoro7.com

 

”実践”方法(英語を話す場を作る)

ここが留学してる人との差。

 

まあでも上で言ったように、日本国内にいても英会話を実践する機会はいくらでも作れる。

今時オンライン英会話なんていくらでもあるからね。

なに?恥ずかしいって???

だったらやるな!恥も捨てられないような人はいつになっても英語なんて話せるようにならないから!!!

なに?高いって?

海外に行くよりだいぶ安上がりだから!月々5000円前後で毎日話せるんだよ。そんなお金もかけたくないなら、街中の外国人と会話しててください。

どの企業のオンライン英会話を選べばいいの?

まあとにかく大手がいい。

安さを求めて聞いたこともないような企業に手を出しちゃうと、講師の質が悪かったりする。

講師の質ってのは英会話学習の上でほんとに大切で、いい先生と出会えれば、海外の一般人と話すだけの留学より、よっぽど充実したものになる。

具体的な話をすると、やはりオススメはDMM英会話

英会話

DMM英会話は今となってはオンライン英会話の最大手で、講師の質も最高。

実際に筆者も渡米する前に1ヶ月だけDMM英会話をやってたけど、本当に講師がよかった。その講師の人は過去に日本で英語を教えた経験があったらしくて、日本人(筆者)にどうやって英会話を教えればいいのか熟知してた

今思えば、渡米する直前までオンライン英会話を躊躇って結局1ヶ月しかできなかったけど、もっと前から躊躇わないでやっておけば、渡米してから楽だっただろうなあと思う。

ちなみに気になる料金は、毎日1レッスン(25分)で月々5500円(税込)。1日あたり約180円。毎日ジュース買うの我慢すればいいだけよ。まあ安い。

 

DMM英会話の欠点は、講師が多すぎて選ぶのが難しいこと。初日からいい講師に出会えるとは限らない。筆者は自分にあった講師に出会うまで1週間くらいかかった。

具体的にオンライン英会話でどんなことすればいいの?

基本的には講師がリードしてくれる。

最初はそれに従えばいいけど、だんだん慣れてきて話しやすくなったら、自分が”勉強”して覚えた英会話のレパートリーの場面を再現してもらうように頼めるといい。

例えば、英語の挨拶と自己紹介の場面のレパートリーを勉強したら、次の日のオンラインレッスンで、講師に挨拶と自己紹介の場面を再現してくれ、って頼めれば完璧。

実際に”勉強”したレパートリーの場面を、再現してもらって”実践”することで、本当にその場面のレパートリーが身につく。

毎日勉強した場面を再現してもらうようにすればめちゃくちゃ効率よくオンライン英会話を楽しめる。

 

無料体験はこちらから→DMM英会話2レッスン無料体験

 

まとめ

日本国内にいても、しっかり”勉強”して、”実践”する機会を作れば、海外にいる人と同じくらい、もしくはそれ以上に英会話を効率よく習得できる。

結局は海外にいても日本にいても努力次第。アメリカに留学してるのに全く英語話せない日本人も結構いるからね。留学できないからって自分が不利だと思わないこと!

スポンサーリンク