まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(ヘッダー画像作成中)

まるころブログ

【英会話】瞬間英作文を使った英会話のレパートリーを増やす勉強法

英会話を早く習得したいならとにかくレパートリーを増やせ!!

と唱える筆者がそのレパートリーを増やすための具体的な方法を紹介する。

 

この記事で紹介する勉強方法は「レパートリーを増やす」英語学習論に基づいてます。

なんだそのダサい名前の学習論!!

とか思った人は以下の記事を読んでから戻ってきてください↓

【英会話】日本国内で英語を習得したいなら"レパートリー"を増やせ! - まるころブログ。

【英会話】留学予定、留学中の人向けの英語学習方法 - まるころブログ。

 

スポンサーリンク

 

 

瞬間英作文を使った英語学習の概要

英語を勉強したことがある人なら一度は耳にしたことがある有名な英語の勉強方法、「瞬間英作文」。

日本語の文章を見た”瞬間”にその文章を英訳できるようにするのが目的。決まった日本語の英訳をただひたすら覚えるだけだからめちゃくちゃ単純作業で英語を一切勉強したことがない人でも誰でも気軽に始められる。

英会話初心者がまず取り組むべき勉強方法はこれ!!!

あくまでもこれから伝授する勉強方法は「英会話のレパートリーを増やす」ためのものだからお忘れなく。

 

最後にオススメの教材も紹介するよ!

瞬間英作文を使った英語学習のメリット、デメリット

メリット

最大のメリットは誰でも気軽に始められること

ほんとこれ。瞬間英作文は用意された日本語の英訳をただひたすら覚えるだけだから、ほんとに誰でも簡単に始められる。事前に必要な英語の知識はない。ただただ文章を覚えるだけ。超単純。ちなみに筆者が勧める他の英会話勉強方法は始めるためにある程度の英語の知識が必要だから、この瞬間英作文を使った勉強方法が初心者のための英語学習の入り口になる。

 

そしてもう一つ、コスパが良すぎること

何と言ってもお金がかからない。英会話の教材は基本的に高いイメージがあるけど、瞬間英作文をやるために必要なのは、たった1冊の本だけ。しかもその1冊の本を完璧にするには時間がかかるから、1冊でかなり長持ちする。

ちなみに筆者は1冊終わらせるのに半年かかった。1500円で半年勉強できる英会話教材は他には存在しない。

デメリット

とにかくつまらないこと

英文を覚えるだけの単純作業はほんとに飽きる。つまらない。しかも1冊を完璧にするにはその1冊を10周近くしないといけない。

まあでも英会話の勉強のやる気のある人ならこれくらい頑張らないといけないのも確か。この程度の勉強を続けられないようじゃ、まともに英会話は習得できないよ。

 

瞬間英作文を使った具体的な勉強方法

自分に合ったやり方でやってくれ!!

って言いたいところだけど、さすがにそれだと雑すぎるから筆者のやっていた勉強方法を教える。(やってること普通すぎて教えるほどのことじゃない気もするけど...)

 

まず、基本的に瞬間英作文の教材は左ページに日本語の文章がいくつか書いてあって、その真横の右ページにその日本語の文章に対応した英文が書いてある。

簡単に言っちゃえばその右側の英文を隠して、1つ1つ一瞬だけ自分で考えてみて、わかんなかったら隠した英文を見る、ってだけ。超単純。

まあこれだけじゃ本に書いてあることと同じだから、もう少し具体的に説明する。

 

英文のページを別の紙か何かで隠して、日本語の文章を見る。

それに対応する英文を声に出して言う(日本語を見てから1秒以内に)。

隠している部分を見て答え合わせ

合ってれば「正」の字を1本日本語の文章の左に書き加えて、次の文章に。

間違っていた、1秒以内に思いつかなかった、もしくは何も思いつかなかったら、答えを3回音読。そこまでやったら次の文章に。

1ページ終わったらそのページの全体を見る。自分はこの文章を間違えてこの文章は正解できたんだ、と再確認してから次のページに。(確認するだけ、暗記する必要はない。)

1周終わったら最後のページにでもマークをつけて次の周回に。

日本語の文章の左に書いてる「正」の字が「正」の字になったら(5回正解したら)その文章はクリア。以降の周回では飛ばしていい。

全部の文章の「正」の字が完成したら、最後に全部の文章をもう1周する。間違えたのが合ったらマークをつけて、とりあえず一段落。

1ヶ月くらい後の忘れかけてる時にもう1回。自信がつくまでは数ヶ月に1回くらい復習する。

 

これが筆者が実際にやってた英会話勉強方法。まあこれはあくまでも筆者に合った勉強方法だから、最初はこの通りに始めたとしても、だんだん自分なりのやり方を見つけられるといいね。

 

英語初心者の人の中には書いてある英文を読めない人もいるかもしれない。

そんな人のために、瞬間英作文の教材には大抵CDがついてる。英文を読むことも困難な人は最初は移動中にでも、そのCDをひたすら再生して、英語のリズムを知っておくといい。できれば本の英文と照らし合わせながらCDを再生して、英文の読み方を知っておくとなおいい。

 

瞬間英作文を使った英語学習のコツ

場面を想像しながらやれ!!!

どんなところで使われる英文なのか想像できる余裕があると効率超アップ。

そもそもこの勉強方法は「英会話のレパートリーを増やす」ためにやってるんだから、どんな場面で使われる英文なのかは知っておく必要がある。

実際の勉強方法はめちゃくちゃ単純だから、場面を想像する余裕くらいあるはず。

最初から覚えようとするな!!!

覚えちゃいけない、って言ったら誤解を生むかもしれないけど、最初の何周かは覚えようと意識しすぎちゃいけない。間違えたらそれでいい、思いつかなかったらそれでいい、ただ英文を確認して音読するだけでいい。間違いに出会うためにその間違いを完璧にしようとするのはほんとに効率悪い。

合ってても間違えててもペースは変えないでひたすら単純作業を繰り返せばいいの。何回も同じ作業をする中で自然に覚えるのが理想。

 

オススメの瞬間英作文の教材

  • 「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」

筆者はこの本を瞬間英作文の入門書だと思ってる。

何を買えばいいのかわかんないなら、これを買っておけばまず間違いない。

めちゃくちゃシンプルで、めちゃくちゃ使い勝手がいい。

筆者もこれを使ってた。

 

  • 「絵で見てパッと言う英会話トレーニング」

筆者は上の教材をやってる途中でこれに切り替えた。この教材の魅力は場面がはっきりしてること。場面ごとに英語を覚えるという筆者の考え方に完璧にマッチした一冊。

 

まとめ

ここまで、瞬間英作文を使った英語学習のメリットデメリット、勉強方法、コツの話をしてきた。

瞬間英作文を使った英語学習は、めちゃくちゃシンプルで、英語に触れたことがない人でも気軽に始められるのが強み。初心者から上級者までどのレベルにいる人にとっても、簡単にできて、役に立つ。

私たちは日本人なんだから、もちろん何か考える時に頭に最初に出てくるのは日本語。それを一瞬で英文に変換できたらどれだけ便利なのかは説明しなくてもわかると思う。

そんな英語脳を作るための基礎づくりに瞬間英作文はぴったり。

 

他の勉強方法がいい、という人はこちら↓

【英会話】Huluを使った英会話のレパートリーの増やす勉強法 - まるころブログ。

【英会話】Podcastを使った英会話のレパートリーを増やす勉強法 - まるころブログ。

 

まああくまでも今回筆者が提案した勉強方法は英語のレパートリーを増やすためのものだから、それだけじゃ英語は上達しない。”勉強”をしてから”実践”することで初めて英会話を習得できる。

英会話の実践方法は以下↓

  • 日本国内で実践したい人はこちら
  • 海外で実践できる人は、勇気出して現地の人と話せばいいだけ。

スポンサーリンク