まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(ヘッダー画像作成中)

まるころブログ

【滝沢カレンの日本語を解読!】今日の滝沢カレン8 - 6月21日

「今日の滝沢カレン」第八弾。

今日も彼女の不思議な日本語を読み解いていく。

6月21日 Instagram

 

みなさん、こんにちは😊✨ 本日は停止画ですが、カレンのタンスです✨💓 この可愛すぎて、きっと履きすぎて何日でボロボロになるか不安なくらいな靴は大好きな母親が、今年のお誕生日プレゼントの日に買って頂いた今年一番のお気に入りなのか❓と聞くなら「はい!そうだ!」と言えるサンダルです✨😍 それはそうと、昨日はたくさんの方、「さんま御殿」観たのがドッドんと丸分かりです💕💕 またこの「制限なき居間」にはたくさんの人間が押し詰めてきました🍵❤️ ありがとうございます、ようこそ、時には熱く語るが浅々しくどこまでも拡大可能な居間へ🙇🏼😌🌟 ドカドカといい意味で、土足で入ってきてはモゴモゴと証拠を残しては去るみなさんに微笑み、靴なんか脱ぐ手間をギリギリまで抑えて、どうぞ立ち寄ってくださいよ🚩という程度です☺️😌💖 お好きに読むなり、お好きに去るなりしてください💎♥️🎶 昨日また気付かせて頂きました✨ 好きな事をしているだけなのに、 「元気が出る」だの「いつも楽しい」だの言ってくる方々✋🏻こっちもただただ楽しくさせて頂いてるだけなのに、さらにみなさんと楽しめちゃう幸せを改めて感じました😊 遠くにいたって、私はいつでもここにいます🙋🏼💎ここに来ればいつだって私という人間がいます🙋🏼ただそれだけのことだ💫 「おいおい、あんたをそこまで追ってないよ🤔」と平気で言ってくる方✋🏻😂 厳しすぎますが、図星です😂🌟 居間の支配人のつもりになりがちですが、わたしも居間の中にいる1人の人間だということを忘れないよう気を付けますね😂💖 気付かせてくれてありがとうございます😊🎶💎 さよなら💫😊 . #楽しく生きてたら誰かも楽しくさせれてる現実があるのなら #これが私の夢だったのかもしれない #わざわざ誰かを元気にしてあげようとしなくたって #人間は勝手に元気の源を探すのさ #人間は思ってる以上に強くて周りを感じてる #そんな強さを人間を見て感じる #気付かなくたっていいのさいつか大切な周りに気づかされるだけだから

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 -

今回は噂には聞いていた、「カレンのタンス」。いつもと違う雰囲気なのかな?期待が膨らむ。文章は長め。

 

では1文1文読み解いていく。

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは😊✨

はい、こんにちは。

 

本日は停止画ですが、カレンのタンスです✨💓

待ってました!カレンのタンス!

「本日は停止画ですが」というのは、前回のカレンのタンスが動画だったことへの比較だろう。

 

この可愛すぎて、きっと履きすぎて何日でボロボロになるか不安なくらいな靴は大好きな母親が、今年のお誕生日プレゼントの日に買って頂いた今年一番のお気に入りなのか❓と聞くなら「はい!そうだ!」と言えるサンダルです✨😍  

なかなかややこしい長文だ。何文かに分けて訳してみる。「この靴は、大好きな母親に今年の誕生日プレゼントで買ってもらったサンダルです。今年一番のお気に入りか?と聞かれたら、そう、と答えられるほど気に入っています。可愛すぎて、毎日のように履いちゃうので、すぐボロボロになりそうで不安です。 」ということ。

気になるポイントがいくつかあるが、まずは「母親誕生日プレゼントを買って頂いた」という文。この文章だけみると、母親が誰かから靴をプレゼントされたかのように捉えられてしまうが、違う。前前回も言ったが、彼女の文章は常に流れている。頭の中で考えていることをそのまま文章にしているので、文の最初と最後が繋がっているとは限らないのだ。

次に「お誕生日プレゼントの日」。これもまた独特な表現。滝沢カレンにとって誕生日とはただの誕生日ではなく、プレゼントをもらえる日なのだろう。そんな子供心を忘れていない彼女も素敵である。

 

それはそうと、昨日はたくさんの方、「さんま御殿」観たのがドッドんと丸分かりです💕💕

ここではわかりやすく話を変えてきた。たくさんのフォロワーからコメントが来たのだろう。みなさんさんま御殿見たのバレてますよ。”ドッドんと”丸わかりされてますよ。

 

またこの「制限なき居間」にはたくさんの人間が押し詰めてきました🍵❤️

内容から捉えるに、「制限なき居間」というのは、この滝沢カレンのInstagramを指しているようだ。なんでも自由にありのままで発言して居間のように落ち着ける、という意味で「制限なき居間」と読んでいるのだろう。

「押し詰めて来た」というのは「居間」のイメージに合った表現である。おそらくこの文章を買いている時、彼女の脳内では居間にたくさんの人が押し詰める映像が再生されているのだろう。

 

ありがとうございます、ようこそ、時には熱く語るが浅々しくどこまでも拡大可能な居間へ🙇🏼😌🌟

「広く浅い居間へようこそ」と言っている。少し難しい表現でその広さを表しているが、このInstagramを表すのにはちょうどいい表現だろう。あえて訳さずこの文章のまま使わせてもらう。滝沢カレンのInstagramは時には熱く語るが浅々しくどこまでも拡大可能な居間である

まだまだ拡大中らしい。

 

ドカドカといい意味で、土足で入ってきてはモゴモゴと証拠を残しては去るみなさんに微笑み、靴なんか脱ぐ手間をギリギリまで抑えて、どうぞ立ち寄ってくださいよ🚩という程度です☺️😌💖

雑に来てはコメントを残していくみなさんを見ているのが楽しいです、遠慮しないでどんどん痕跡を残して行ってくださいよ、というInstagramです」Instagramを居間に例えて、フォロワーさんがコメントを残していく様子を表現している。「モゴモゴと」というのは筆者には理解できないが、おそらくなんと行っているのかわからないようなコメントを残していく人が多いのだろう。

最後の「という程度です」というのは、「私の居間はこんなもんですよ〜」ということだろう。

 

お好きに読むなり、お好きに去るなりしてください💎♥️🎶

はーいお好きに解読させてもらってまーす!

 

昨日また気付かせて頂きました✨
好きな事をしているだけなのに、
「元気が出る」だの「いつも楽しい」だの言ってくる方々✋🏻こっちもただただ楽しくさせて頂いてるだけなのに、さらにみなさんと楽しめちゃう幸せを改めて感じました😊

自分はただ楽しくてInstagramをやっているだけなのに、『元気が出る』『いつも楽しい』など言ってくれる人がいて、改めてこの幸せを感じました。」ということ。これは素晴らしいことだ。みんなが楽しく幸せになることに越したことはない。

そこまで気になるポイントはないが、「好きなことをしているだけ」というようなことを1文で2回も言っている。おそらく本当にそうだということを伝えたいのだろう。よく伝わってます。

 

遠くにいたって、私はいつでもここにいます🙋🏼💎ここに来ればいつだって私という人間がいます🙋🏼ただそれだけのことだ💫

Instagramにくればいつでも滝沢カレンに会える。その通りだ。彼女の文章を解読していると、彼女が目の前にいるような感じがする。←大嘘 

 

「おいおい、あんたをそこまで追ってないよ🤔」と平気で言ってくる方✋🏻😂
厳しすぎますが、図星です😂🌟

筆者は結構追っている。

「図星」の使い方が一般的なものとは違っている。一般的には図星というのは、自分が思っていたことを他人に当てられることだが、この文では違う。「あんたをそこまで追ってないよ」と思っているのはフォロワーの方なので、どちらかというと図星を突かれているのはそう思っていたフォロワーである

 

居間の支配人のつもりになりがちですが、わたしも居間の中にいる1人の人間だということを忘れないよう気を付けますね😂💖

あまり支配人ズラしないで、みなさんと同じ立場でこの居間を居心地の良い空間にできるように気を付けます」ということ。特に違和感のあるポイントはない。

 

気付かせてくれてありがとうございます😊🎶💎 さよなら💫😊 .

たくさんの嬉しいコメントが来て、支配人ズラしないようにしよう、と思えるようになったのだろう。筆者もその方が嬉しい。

さよなら。

 

本文は以上。以下タグ↓

 

#楽しく生きてたら誰かも楽しくさせられてる現実があるのなら #これが私の夢だったのかもしれない #わざわざ誰かを元気にしてあげようとしなくたって #人間は勝手に元気の源を探すのさ 

今回の投稿のまとめだ。「自分が楽しくしていれば周りの人も楽しくなる、今思うとこれが私の夢だったのかもしれない。無理に気を使わなくても、人間は勝手に元気を源を探している」と訳せる。確かにこの通りだ。わざわざ気を使って誰かを幸せにするより、自分も幸せになって誰かも幸せにできる方がいいに決まっている。まさに夢のような状況と言える。自分が幸せにしていれば、自然と周りの人も自分自身で元気の源を探し始めるのだろう

 

#人間は思ってる以上に強くて周りを感じてる #そんな強さを人間を見て感じてる #気付かなくたっていいのさいつか大切な周りに気づかされるだけだから

滝沢カレン自身のことを言っているのだろう。実際今回フォロワーに大切なことを気づかされたようだ。

 

 

まとめ

 

ここで「今日の滝沢カレン8」は終了だ。

筆者がこのシリーズを始めて初めての「カレンのタンス」。いつもと違い番宣がなく、本当に全ての発想、言葉が彼女の頭から出て来ているような文章でとても読みがいがあった。

筆者はこれからも楽しそうにInstagramをやっている滝沢カレンを見て、楽しく解読記事を書いていこうと思う。そしてこの記事を読んでいるあなたもこの記事を楽しんでくれていることを祈る

 

 

 

では、さよなら💫😊

 

前回↓ 

www.marukoro7.com

次回↓

www.marukoro7.com

スポンサーリンク