まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(只今日本滞在中)

まるころブログ。

【滝沢カレンの日本語を解読!】今日の滝沢カレン11 - 7/10〜16

「今日の滝沢カレン」第十一弾。

今日も彼女の日本語を解読していく。

スポンサーリンク

 

 

7月14日 Instagram

 

みなさん、こんにちは✨☺️✨ ここまで来といて、ご飯のご紹介です🙋🏼✨ 「おいおい、今まで一体何を食べていたんだ🤔」とゴワゴワ言ってると思いますが、そりゃ色々とそれなりに食べています🍴 ずんぐりむっくりにも程があるパンパンにはち切れを我慢している、ひじき入りつくねとただなる黄身、ふてぶてしくこちらを見ながら横たわる煮カボチャ、全ての引き立て役を吸い込むように可愛さを主張したいトマトの酢の物、そして親目線で当たり前の見栄えで先頭にいる米と味噌汁の勢揃いです❣️😉💖 ここまで食材にも特徴を言ってもらえて嬉しいんじゃないでしょうか❓🤔 言っときますが、何品か作るときは先に冷たいもの(今回はトマトのやつ)を作り冷蔵庫で冷やしがてら、煮物を煮込んでる間につくねなり主役級になりそうなおかずを作って全体的に一緒に終われるようにしますよ🍴💁🏼(当たり前なことを書く) それでは、ご報告です❣️❣️ 本日7/14(金)23:00〜よりフジテレビさんにて「全力!脱力タイムズ」声付け役としていてから、00:20〜TBSさんにて「有吉ジャポン」に出場します💁🏼💎🎶 今回は私の興味ありなことを追求させていただいているので、絶対見といてください😌🙇🏼💕💕 それでは、さよなら😉💫. #好きなことを好きな場で披露する幸感 #全部が楽しくなくなってそれもそれでいい #感情はワガママなのではなく #感情に嘘をつく事こそがワガママさ

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 -

珍しく本人の写真ではなくご飯の写真。え、これ自分で作ったの!?すごすぎる。

では解読していく。

ずんぐりむっくりにも程があるパンパンにはち切れを我慢している、ひじき入りつくねとただなる黄身、ふてぶてしくこちらを見ながら横たわる煮カボチャ、全ての引き立て役を吸い込むように可愛さを主張したいトマトの酢の物、そして親目線で当たり前の見栄えで先頭にいる米と味噌汁の勢揃いです❣️😉💖 

全力でご飯の説明をしてくれている1文。こんなに分かりにくい説明は他にない。

まずはつくね(写真右上)の説明から。とにかくパンパンにはち切れそうなくらい具材がつまっているらしい。そしてそれに添えられた黄身。

そして煮かぼちゃ(写真左下)。「ふてぶてしくこちらを見ながら横たわっている」らしい。んんんんんんんんん????わからん。「ふてぶてしい」という言葉には「大胆に」といったような意味があるらしい。そう考えると、「大胆なカボチャ」。これならなんとなくわかる気がする。おそらく、「大胆なカボチャ」というのは「あまり加工されずにカボチャそのままの形の料理」という捉え方ができる。ありのままで大胆ということだ。「こちらを見ながら横たわっている」というのはただ単に「大胆」なことの強調だろう。

次はトマトの酢の物(写真左上)。「全ての引き立て役を吸い込むように可愛さを主張したい」らしい。これは簡単。「主役になれるくらい可愛いのに実際は脇役」という意味。

最後に米と味噌汁。「親目線で当たり前の見栄えで先頭にいる」まあその通りだ。こいつらの安定感は半端ない。

 

この投稿で気になる文はこんなもん。他の文はそこまで理解に苦労しない。

 

7月15日 Instagram 

 

太陽にことごとく煮絡みにされ、太陽が家に帰るのをどこかしこに喜んでしまう程の暮れ時.....🌇 みなさん❣️🙇🏼❣️🙇🏼❣️ 昨日のコメントに、「ナレーションやらなかった」だの「カットになっている」だののコメントを見て急いで駆けつけました🏃‍♀️💫 声付け役だというのに、堂々としてしまってすいませんでした&起きていて待って頂いてくれた方ごめんなさい🙇🏼💖 だが、私のを記憶忘れくらい(いい意味)番組は盛り上がったということなのでみなさんもっと明るくなってくださいねって所です😌💖 またいつか聞けるので、ガヤガヤしないでください☺️✨❤️ そして、みなさんの騒ぎ方は誰以上に私が理解してるので、どうぞ居間では落ち着いてください☺️✋🏻🌟 みなさんからの期待をここまで山に出来たことだけでも私は幸せでした💕💕🎶💎(終わりではない) とにかくこの事を言いたくてわざわざ来ましただけです💁🏼💛💫 どうか今日はみなさんが静かにゆっくり寝ますように、、、💫😌💫 明日が日曜日だからと言って部屋をあさりすぎないようにして下さい😚💋 #楽しみの前日はいつだって機嫌がいいもんだ #なにもかもを楽しみにさせてくれる日に感謝 #人間ってこんなにも愉快な生物だ #曜日も知ってるのも楽しみを知ってるのも人間だから #そんな人間にしか分からない秘密を嬉しみながら

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 -

脱力タイムズでナレーションをやらなかったことに対しての投稿。本当にInstagramのコメント欄をしっかり読んでいるんだなあ、とわかる。彼女がいい人なのは間違いない。

では、解読していく。

太陽にことごとく煮絡みにされ、太陽が家に帰るのをどこかしこに喜んでしまう程の暮れ時.....🌇  

出だしから好調。長々とよくわかんないことを言っているが、要は夕暮れの説明。「太陽がことごとく煮絡みにされ」というのはおそらく太陽が一番眩しい昼間の説明。「太陽に照らされて蒸し暑さにやられて」という意味だろう。まあ確かに「煮絡み」という表現がぴったりな気がする。

そんな昼間を乗り越えて太陽が沈む夕暮れ時。確かにこんなに幸せなことはない。「太陽が家に帰る」という表現も結構好き。一日の仕事を終えて夜はゆっくり休んでいるのだろう。(外国がどうとか、そういう屁理屈はいらない)

 

この投稿はただみんなのコメントに返信しているだけなので、比較的わかりやすい。解読はここで終了。

 

まとめ

今週は投稿が少なかった上に、内容も簡単だった。正直、解読しがいがなかった。

先週の内容が濃すぎたせいかな?

先週の最後に筆者はこんなことを言っている。

滝沢カレンの他の文章が簡単に理解できてしまった。こうやって、難関をクリアしていく過程で、筆者の滝沢カレン読解力がぐんぐん上がっていっているのかもしれない。

もしかしたら筆者の読解力が上がっているせいで、本来は難しい文章も簡単に感じるようになってきているのかもしれない。だとしたらこのシリーズを続ける意味がない。

まあでもまだわからない文章はありそうなので、完璧に理解できるようになるまではこのシリーズは続けていく。

 

では、また来週🤚

 

前回↓

www.marukoro7.com

次回↓

 

スポンサーリンク