まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。(ヘッダー画像作成中)

まるころブログ

【YouTube】動画投稿がいかに大変かを伝えたい

数年前から多くの若者の居場所になってるYouTube。

視聴者として動画を見るだけでなく、自分で動画投稿を始める人も少なくない。

「成功すれば好きなこと動画にするだけで大金持ちになれる!!!」

みんなそんな夢を持って動画投稿を始める。

が、実際動画投稿を続けられる人は少ない

ほとんどの人は動画を1〜2本投稿して、YouTubeでお金を稼ぐという夢を諦めてしまう。

 

なぜなのか。

好きなことして動画あげるだけで人気者になれる可能性があるんだぞ。

大変なことなんて何もない。好きなことやってればいいんだからね。

と、思われがちかもしれないが、

実際、YouTubeで動画投稿を続けるのはめちゃくちゃ大変

 

YouTuber歴5年の先週初めてまともにYouTubeで動画投稿を始めたまるころ(筆者)がYouTubeで動画投稿を続けるのがいかに大変かをあなたに伝える。

スポンサーリンク

 

 

1. 動画投稿の下準備で心が折れそうになる

まず、YouTubeで人気になりたいなら、動画編集は必須。

動画編集以外にも人気になりたいのなら揃えておくべきアイテムはたくさんあるし、

覚えないといけないことも多い。

それから、自分のブランドも作らないといけない。

機材を揃える

まず第一に動画投稿に必要なものを揃えないといけない。

必須アイテムは動画編集ソフト。

Macの場合は34800円もするFinal Cut Pro Xっていう動画編集ソフトが推奨されてるよ。

 

それ以外にも、カメラ、マイク、ゲームのキャプチャボードとか、自分の投稿したい動画のジャンルに合わせて、必要な機材はたくさんあると思う。

どんな機材が自分に必要で、どの商品がいいのかを調べるだけでも一苦労

 

ちなみにまるころはこの機材の準備の段階で心が折れかけました↓

www.marukoro7.com

 

チャンネルの開設

もちろんYouTubeで動画を投稿するならYouTubeのチャンネルを持ってないといけない。

まあYouTubeのチャンネルを開設すること自体はそんなに大変じゃないんだけど、

開設してからがめんどくさい。

プロフィール画像、ヘッダー画像(チャンネルアート)、名前、

とかとか、動画投稿を始める前に自分のブランドを作らないといけないのよ。

これが本当に大変。

 

動画投稿を始めたら自分の顔になるプロフィール画像、チャンネルアート、名前に手を抜いたら一生人気は出ないからね。

みんなに覚えてもらいやすくて、印象に残りやすい、自分も気に入ったものを作り出すのはそんなに簡単なことじゃないよ。

 

まるころの場合は元々ブログやってたから、YouTubeのプロフィール画像と名前には時間かける必要なかったけど、

ブログでこの名前(まるころ)とプロフィール画像に落ち着かせるのにはめちゃくちゃ時間かかったからね(3ヶ月)。

 

ちなみにチャンネルアートは作るのめんどくさくて手抜きました。(←良い子は真似しちゃいかんよ)

f:id:marukoro7:20171005010002j:plain

 ↑ん〜ひどい。手抜きにもほどがある。

 

SNSでネットワークを作っておく

せっかく動画投稿を始めても最初は誰も見てくれない。 

正確に言うと、最初はほとんど検索にも表示されないし、関連動画にも出てこない。

じゃあ最初はどんな風に集客すればいいのかっていうと、SNS

Twitterとかであらかじめある程度フォロワーを増やしといて、

最初はTwitterのフォロワーさんに動画を見てもらう。

気に入ってもらえればリツイートとかして拡散してもらえるかもしれないしね。

この下準備も超重要。

 

でもやっぱりめんどくさい。

ひたすら知らない人を無差別にフォローしてもTwitter内での輪はできなし、誰かから興味を持ってもらうのを待ってても一生フォロワーは増えない。

程よくフォローして程よくフォロワーさんと交流していかないといけないのよ。

 

2. 動画を撮るのは苦じゃないけど編集で爆死

もちろん動画を撮るのは全く苦じゃない。

だって好きなことやってるだけだからね。

カメラのせいでちょっと緊張するくらい。

 

問題なのは動画編集。 

カットも編集も何もなしで人気が出るような順序立てのできた神トークをできる人なら動画編集はいらないかもしれないけど、

ほとんどの人にそんなトーク力はないからね。

編集でいらない部分をカットして、動画にエフェクトを付け足して、

ようやく、人に見せられるような作品が完成するんだよ。

 

じゃあその動画編集がいかに大変か。

例えば、まるころのこの動画↓

  • 1時間半の元の動画を15分にカットするのに2時間
  • 音量調節、枠、背景の選択設定に30分
  • 細かいエフェクト、テロップの追加に3時間
  • サムネイルの作成に30分

動画編集にかかった合計時間:6時間

6時間だよ、6時間。

1日12時間起きてるとしたら半日かかるってことだからね。

しかもこれに撮影も含めたら+2時間。合計8時間だよ。しんど。

土日しかこんな時間取れないね、普通の人は。

毎日動画投稿してる人は神。もしくはニート。

 

まあこれはゲーム実況だから時間がかかるってのもあるかもしれないけど、

商品紹介とかどんなにラフな動画でもまともな作品を作り上げたいと思ったら3時間はかかると思う。

 

3. 動画投稿を始めてもなかなか収益に繋がらない

ぶっちゃけ、せっかく動画投稿を始めてもほとんどお金にはならない。

動画投稿すること自体が目的ならそれで構わないのかもしれないけど、

実際は最終的にYouTubeでお金を稼ぎたいと思ってる人がほとんどだと思う。

 

じゃあどれだけ収益化が難しいかというと、

具体的には、

まるころが高校生の時(約5年前)にアップしてたカラオケの動画(※今は著作権の問題で削除されてます)の場合、10000再生でやっと500円くらいだったかな。

1再生=0.05円!?

少なすぎるでしょ!!

まあこれは人によって違うのかもしれないけど、よく言われるのは、1再生=0.1円。

有名ユーチューバーでもこんなもんだと思う。

それこそ有名になれば企業から商品紹介の依頼が来たりして別の収入はあるのかもしれないけどね。

とにかく、初心者がYouTubeで収益化するのは本当に難しい。

 

だったらブログやった方が5000兆倍いいよ。

こんなしょうもない雑記ブログでも最近だと月に10000円は収益あるからね。

だいたい20000~PVで10000円。

1PV=0.5円ですよ。YouTubeの10倍も効率いいわ〜。

 

まあほんとにお金欲しいだけならアフィリエイトだよね。

プロの人なんか1PV=50円とか行くらしいよ。

 

まあ何が言いたいかって、

収益を動画投稿のモチベーションにしてると動画投稿は続かないよ。

なぜならYouTubeの収益化は効率が悪いから。

 

最後に

動画投稿を続けるには、

1. 動画投稿の下準備で心が折れそうになる

2. 動画を撮るのは苦じゃないけど編集で爆死

3. 動画投稿を始めてもなかなか収益に繋がらない

3つの大きな壁を乗り越えないといけない

 

本当に趣味で動画撮影、編集、投稿できる人ならYouTubeは最高の場かもしれないけど、

心の奥底に「YouTubeで稼いだるで〜」なんて野心を抱いてる人がYouTubeで動画投稿を続けるのはマジで大変。

お金欲しいだけならブログやった方がマシだし、そもそもバイトした方が効率いい。

 

『ユーチューバー(笑)』って職業はなめられがちだけど、

ユーチューバーになって、ユーチューバーであり続けることは本当に難しいことだと思う。一度自分でやってみるとよくわかる。

少なくとも小学生が気軽になれるような職業ではないのは確かだよね。

f:id:marukoro7:20171005031021p:plain

 

動画投稿を続けてるユーチューバーは人気の有無に関わらず、尊敬に値すると思う。

 

 

まあまるころは時間がある時に編集してマイペースに動画投稿していきますね〜

↓まるころチャンネル(まるチャン)↓

まるころ - YouTube

スポンサーリンク