まるころブログ。

まるころブログ。

変わり者アメリカ大学生の雑記。

まるころブログ

アドセンスの関連コンテンツ広告の掲載条件を”徹底分析”してみた。

こんにちは。

 

ブログ歴1年2ヶ月

投稿数約140記事

月間平均3.5万PV

累計35万PV

月当たり収益平均10000円

 

なのに未だにグーグルアドセンス関連コンテンツ広告の使用を認められていない、まるころです。

 

収益性がぐんと上がると噂の関連コンテンツ。

誰もが使えるわけではなく、

認められたブログだけが使用できる極秘ツールです。

 

関連コンテンツ広告を掲載するための具体的な条件は明かされていませんが、

あらゆるブロガーが掲載を認められた時点でのブログの運営状況を紹介しています。

 

大体の人は、

100記事以上、累計10万PV、2ヶ月に1回アドセンスから振込あり、

などの条件をあげていますが、

筆者のブログはどの条件も余裕でクリアしているのにもかかわらず未だに使用を認められていません。

 

なぜだ!!!!!!!

 

ということでこの記事では、

他のブロガーさんが公開している情報を元に、

グーグルアドセンスの関連コンテンツ広告の掲載条件を徹底的に分析してやろうと思います。

スポンサーリンク

 

グーグル公式が公開している情報

まずはアドセンスサイドが公開している情報をまとめておきます。

関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツによってサイトのユーザーに確実に優れたエクスペリエンスをお届けするために設けられています。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

これだけです。

 

とりあえず公式の情報からわかることは、

トラフィック量とページ数が基準になっているということ。 

 

言い換えると、

PV数と記事数が一定数を超えれば関連コンテンツ広告の使用許可が下りるらしい

 

ん〜。

まるころもユーザーに優れたエクスペリエンスをお届けしたいのになあ。

 

ブロガー達が公開している情報まとめ

グーグルさんは具体的な条件を公開するつもりはさらさらないようなので、

すでに関連コンテンツ広告の使用を認められている他のブロガーから情報収集します

 

合計22人のブロガーの関連コンテンツ広告の掲載許可が下りた時点の運営状況をまとめました。

許可時期 記事数 月間平均PV
2017/03 157 32000
2017/06 95 30000
2018/02 300 35000
2017/12 140 8500
2018/03 70 17000
2018/03 100 10000
2017/12 250 30000
2017/01 100 30000
2018/03 156 10000
2017/05 150 39000
2017/12 90 9000
2018/05 200 8000
2018/05 264 8000
2018/02 164 15000
2018/04 100 10000
2018/04 81 17000
2018/05 79 4000
2017/12 103 13500
2017/02 150 30000
2017/09 150 30000
2018/05 70 9000
2018/04 100 5000

 

かなりばらけていますが、

 

平均を取ると、

記事数は140記事

月間平均PVは18182PV

 

最低ラインは

記事数が70記事

月間平均PVは4000PV

 

面白い発見

許可が下りた時期とPV数を照らし合わせると面白いことがわかります。

f:id:marukoro7:20180625091738p:plain

上の表をPV数 vs. 時期で表にしたものです。

 

お気づきでしょうか。

去年(2017年)は月間30000PVが相場だったのに対し、

今年に入ってからは月間10000PV前後で関連コンテンツの許可が下りる人が増えてきています。

そしてさらに今年の5月に許可が下りた3人は全員月間10000PV未満。

 

このグラフから、

関連コンテンツの掲載条件は緩くなり続けている

と言って間違い無いでしょう。

 

個人の意見まとめ

今年に入ってからは月間10000PV以下でも関連コンテンツ広告の掲載許可が下りることがわかりました。

 

しかし、

筆者は月間35000PVで、

記事数の平均の140記事を超えているのにもかかわらず、

許可が下りていません。

 

なおさら、納得いかない。

 

ということで、

数字以外にも22人のブロガーの個人個人の意見も集めました

 

  • PV数の安定感が重要!
  • 運営期間、ページRPMも指標に含まれてるかも
  • クリック率やクリック単価は関係ないと思う
  • 特化サイトの方が許可が下りやすい
  • 自動広告を使うとグーグルに認めてもらえる
  • 振込経験は1回でもあればいい
  • 広告を表示する意志をを見せるのが重要
  • 広告の表示回数が重要

などなど...

 

めちゃくちゃですね。

誰が正しいのかはわかりませんが、

これだけいろんなことを言っている人がいるということは、

何らかの裏指標があることは間違い無いでしょう。

 

筆者の直感

これはあくまでも筆者の直感ですが、

22人のブロガーの記事を見ていていくつか気づいたことがあります。

 

  • PV数が少ないのに許可が下りている人には、バズ経験があることが多い。
  • 運営期間は関係ない。
  • アドセンスの注意を引けるかが鍵?

 

アドセンスの注意を引けるかが鍵?

22人のブロガーを分析している中で、

開設後まもなく関連コンテンツ広告の許可が下りている人は、

アドセンスに力を入れており、積極的に色々試している人が多いと感じました。

 

 

そう考えると、

アドセンスに存在を気づいてもらうのが大切なのかな、

とも思えます。

 

筆者に関しては1年ほど前に作った広告ユニットを未だに流用していますし、

アドセンス様から忘れられているのかもしれません。

 

存在を知らせるために、

最適化案は全て試し、

自動広告、インフィード広告など色々な広告に手を出し、

”がんばってるアピール”するのが大切なのかもしれません。

 

実は原因はわかっている

徹底分析なんて言って色々と考察してきましたが、

筆者に関連コンテンツの許可が下りない原因は実はわかっています。

 

アダルトコンテンツのポリシー違反経験があるからです。

 

まあはっきりとこれが原因とは言い切れませんが、

他のブロガーと比較してみた感じだと、

これ以外に原因らしきものは見当たりません。

 

皆さんはアダルト関係の記事の広告は忘れずに消しましょう。

 

p.s. 一応がんばってるアピールはしてみます。存在に気づいてもらえば可能性はなくはない、かも?

スポンサーリンク